愛する人と死ぬことを選んだとある女性のこと

 

 

先日のこと、あれこれと画像検索をして回る中、恐ろしいくらいの美女の写真が偶然に目に止まったんだよね。

 


  
それがかの作家・太宰治氏と心中を遂げた女性であったとは、この写真と出会うまで全然知らなかった。
   


故人である彼女についてあれこれと私見を語るつもりはない。
   


でもこの人は、女性なら誰でも知っている胸の疼き、愛の狂おしさ、哀しみ、狂気の有り様を世に残していったように思ったんだよね・・・。
  
  
山崎富栄さん「太宰治との愛と死のノート」
https://www.aozora.gr.jp/cards/001777/files/56258_61595.html
    
  
   
先生は ずるい 

接吻はつよい花の香りのよう 

唇は唇を求め 

呼吸は呼吸を吸う 

蜂は蜜を求めて花を射す 

つよい抱擁のあとに残る 涙

女だけしか 知らない 

おどろきと 歓びと 

愛しさと 恥ずかしさ 

先生は ずるい 

先生は ずるい 

忘れられない五月三日

(山崎富栄さん 昭和22年5月3日の日記)
   
  


合掌。

 

 

  

星と生きる仲間になりたいあなたは

コズパイへ。

メンバー一同お待ちしております✨

  

毎日の占いも配信してますよ〜✨
   

 

🌞只今オープン中の星イベント&占星術コンテンツ🌛

 

🌞今年1年間のイベント計画表🌛

 

★星のお話〜もくじ

 

 

 

🌙リンクはフリー。星の言葉が遠くまで届いたら嬉しいよ!🌙
■未来的妖しい世界あれこれ 
   
  
  
  

 


| 1/564PAGES | >>

    

『未来とは』

profilephoto

categories

selected entries

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM